2015/10/25(日) 秋のM3にて初頒布したシングル扱いの音楽CD
「kill my cares / Emptiness on My Feet」の2曲目「Emptiness on My Feet」の歌詞を公開。

タイトルを和訳すると『足元に転がる空虚』という意味。

—————————————————-

『なにが見える?』
僕の声が頭のなか深く響く

手にしていたわずかな希望
捨てたあとの景色

見失っていたなら
どこも痛くはないはずだけど
ねぇ、平気な姿さらすこともできない
孤独なんて

夢から (look away)
目覚めれば (from reality)
ありふれた世界の中で

夢見ていた頃の僕
盛大な餞した
愛してくれた人の顔

お別れをした後には
行き先もわからぬまま
声すら枯れてしまったよ

抱え込んだものを捨てて
足元に転がる嫌悪

鳴り止まぬ耳鳴りが
僕を襲う 声も出ない

探して見つけてもどうせ捨てるだろう
Erace My Fate

夢見ていた頃の僕
盛大な餞した
愛してくれた人の顔

お別れをした後には
行き先もわからぬまま
声すら枯れてしまったよ

抱え込んだものを捨てて
足元に広がる空虚

『なにが見えた?』
僕の声が頭のなか深く響く

見えかけてた
階段の影さえ
消えていたよ

夢見ていた頃の僕
盛大な餞した
愛してくれた人の顔

お別れをした後には
行き先もわからぬまま
声すら枯れてしまったよ

抱え込んだものを捨てて
足元に転がる嫌悪